新人研修医の暮らしを支える?副収入となるバイト勤務!

医師のアルバイトは多種多用

医師といえども、新人の研修医であればそれほど給与が高いとは言えませ。そんな中で新人研修医の暮らしを支えているのが、アルバイトです。期間限定のものも多いですし、残業が発生しないものも多いので、勉強中の新人研修医にとっては非常に有り難い働き方なのです。しかも医師免許を持っているということで時給は非常に高額です。
ではいったい、どのような種類のアルバイトがあるのでしょうか。まず一つ目として、予防接種の場で働くという方法です。インフルエンザなどが流行する時期の期間限定の仕事ですし、病気の方が来るわけではないので時間内に業務は終了します。しかも、他の医師や看護師との連携プレーになりますので、大きな責任もありません。

医師がバイトとして働ける場

続いて、他にも新人研修医がアルバイトとして働ける場は数多くあります。いくつか例を出していきたいと思います。
まずは、夜中の病床管理と救急外来患者の対応です。常勤の医師が帰ってしまった後、入院患者がいるような病院では必ず最低一人の医師が常駐していなければいけません。夜勤の看護師ももちろんいるのですが、難しい症例に当たってしまった場合にはやはり医師の力が必要になってきます。
また、健康診断の場で活躍するという方法もあります。これも期間限定であることが大多数ですし、専門的な知識が不要な部署も多いので、研修医中の新人でも雇って貰える確率が非常に高いのです。企業や公的機関の健康診断の時期に合わせて不定期に行われています。