症例を沢山経験できる?その代わりに体力消耗戦になるバイト医師!

知識と技術を振り絞る!夜間のバイト事情!

人の命を救う事が出来る凄腕の医師も皆、研修医として配属された時代がありました。医大でしっかりと学んだ後研修医として配属されるのですが、人間の身体は教科書通りにはいかないです。また患者に症状を聞いた時にしっかりと自分の症状を言える人もいれば、研修医が混乱する様な伝え方をする人もいます。そうした患者に向き合いながら、やがて立派な医師に成長していきます。
そんな研修医が最も成長する場所と言われているのが、夜間のバイトです。救命病棟が無い病院でも患者の急変に対応できる様、一人は医師を待機するのが決まりです。そこでバイトの研修医が雇われるのですが、夜間に急変で来る患者の症例は多種多様です。その患者を助ける為に研修医は今まで習った知識と技術を振り絞って対応に当たるので、著しい成長を遂げる事が出来るのです。

体力消耗が激しい研修医を救う健康診断!

研修医の成長に欠かせない夜間バイトですが、日によって忙しさは全く違います。急変が無い日は仮眠室で寝る事も可能ですが、急変患者が続いた日のバイトは激務です。知識と技術を全力で振り絞りながら、検診、対応、薬や入院の指示に加え場合によっては手術もあります。
基本的に研修医は普段から勉強の為休みが少ないのに加え、急変患者にあたった日は徹夜になります。かと言って次の日休めるわけでも無く、一人の医師として患者と向き合うのです。そうした事が続くと当然ながら疲労は溜まってしまうので、研修医の多くは定期的に自分の病院で健康診断を行っています。日ごろから悪い箇所を把握しておく事で病気を回避できる上、研修医同士で健康診断をするのは勉強になると言う二つのメリットがあるからです。