人出が足りない夜間救急の頼みの綱?新人バイト勤務医!

医師の働き方はさまざま

近年、医師の働き方は多様化しつつあります。病院で正職員として働くだけでなく、オフの生活と両立しつつアルバイトとして働く医師も増えているのです。そんな中、人手不足の医療現場で役に立つのが、新人アルバイト医師の存在です。
早朝から夕方まで常勤で働く医師が帰ったあと、アルバイトとして夜勤をするのが仕事なのですが、看護師と共に入院患者の病床管理をしつつ、救急に搬送された患者の多王をするのです。ただし、アルバイトとして雇われている未ですので、運び込まれた患者が難しい病状の時にはメインの医師を緊急で呼び出すことも可能です。
立ち位置としては、ある程度の知識は持ちつつも、病院の留守番をしているという状態になるでしょう。

夜勤は体力も必要とされる

また、日中の勤務と異なり夜勤は体力を消耗します。ですので、新人医師が重宝される理由の一つに、若さゆえの体力が求められているということが挙げられます。
何名かの看護師と一緒の夜勤になりますので全て一人で行う必要はありませんが、看護師では判断できないような際には、やはり医師の力が必要になってきます。最低一人の医師が病院にいるということが重要なのです。
これを見る限りではベテラン医師だけでも上手くいくように感じますが、救急の患者が運ばれた時には、やはり体力のある若い力が必要になってくるのです。ベテラン医師に指示されて急いで必要なものを取りに行ったり、患者を支える役を担ったりと、すべきことは数多くあります。